ラブサーチの年齢確認やり方について

出会い系サイトの一番のネックと言えば年齢確認ではないでしょうか。

 

昔は年齢確認はなくても大丈夫だったのですが、今は法改正によって健全な出会い系サイトには年齢確認が必要となっています。

 

年齢確認を必要としない出会い系サイトというのは詐欺目的かSNSのように見せかけて法の網目を潜り抜けようとしているかのどちらかです。

 

どちらにせよ、年齢確認を行っていない出会い系サイトというのは胡散臭い要素を持っているので避けた方がいいでしょう。

 

年齢確認には、クレジットカード払いによる18歳以上の確認と、年齢証明書の画像のコピーをご提出する方法があります。

 

クレジットカードの場合は簡単です。クレジットカードで支払いをするだけで年齢確認となります。クレジットカードは通常は18歳以上しか作ることができませんし、もしも特別な条件で18歳以下でも作れるクレジットカードがあったとしても、カード会社を通じて18歳以上の確認を行えるため、年齢確認を必要としないのです。

 

年齢証明書の場合は、「年齢もしくは生年月日」、「発行元」、「有効期限」の確認を行います。

 

それ以外の氏名、住所、顔写真といった個人情報は、黒く塗りつぶした状態で提出できます。年齢と発行元さえはっきりしていればいいのです。そうした年齢証明書をメールフォームや、郵送、FAXにて送付してください。

 

年齢確認に使える書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 年金手帳
  • 小型船舶操縦免許証
  • 宅地建物取引主任者証
  • 危険物取扱者免状

年齢証明書類やデータは、専属の契約弁護士の指導により作成した年齢証明書取り扱いガイドラインに基づき厳重に保管しているので、安心できます。