メールの内容は工夫が必要

ラブサーチで出会う最初のコンタクト方法がメールです。そのためのメール技術というのは大切なものです。

 

ラブサーチでメールを送るにあたって最も大切なものはなんでしょうか?
それは大量に、かつ目立つように送ることです。

 

全ての男性ならば女性会員にメールを送るくらいの気合いがなくてはいけません。一か月2800円と決められているのですから沢山メールを送らなくては損ですし、他の会員もそう考えています。

 

幾ら時間をかけて質のいいメールをを作ってしまっても、受け取る側の気分や性格というものもあります。ライバルの数で勝負したメールに負けてしまうことはよくあることなのです。

 

しかし、誰にでも通用する定期文を書いてコピペして送りつけるのはおすすめしません。誰にも通用するメールというのは、相手の記憶に残らないメールでもあるからです。

 

そのため数多くのメールを相手の注目を集める形で送るには、技術が必要です。

 

定型文を作っておく

まず、定期文を作りましょう。例えば以下のようにします。

 

「はじめまして、○○といいます。××さんの▼▼という趣味を見て、自分も同じ趣味なのでメールさせていただきました。プロフィールも◎◎な感じがしてとても好感を持ちました。よかったらメールのやりとりをしませんか?是非よろしくお願いします」

 

この定期文を人によって「倍の量に増やす」というのがポイントです。

 

これで作業を半分にしながら相手の個性を見たメールを作ることができます。増やす内容は相手のプロフィールを見てよく考えてみてください。プロフィールから本当に好感を持てる部分は必ずあるはずです。

 

この方法で、労力を半分にして相手にとって魅力的なメールを量産することができます。メールにも技術が必要なのです。