ラブサーチでモテるには顔写真は必須

ラブサーチでモテる方法というのは、一つだけ最大限に有効な方法があります。
顔写真を張ることです。

 

これはない時と比べて愕然に違います。やはり出会う相手の顔を知りたいものです。会って不細工だったら時間の無駄だと感じるのは男女ともにあるでしょう。

 

はっきりとそんな言葉を投げかけられるわけではないですが、思っていた人物と違ったというのはそのギャップからかなり印象が悪くなります。

 

写真を載せるのが怖いという方はプリクラ写真を使ってみましょう。若い人ならばかなり有効な手段です。加工をしても違和感がありませんし、プリクラで加工した顔は顔バレの偽造となります。

 

見知った人でなければ、判別はできにくいです。

 

30歳以上はフォトショップで修正を加える

しかし、30歳を超えてプリクラというのもちょっと痛い感じはします。そうした人は、フォトショップで修正を加えてみるのもいいでしょう。

 

パソコンに詳しくないという方でも「顔写真 加工」と検索すれば簡単に加工できるサイトはずらりと出てきます。

 

顔写真というのはその人の雰囲気が分かればいいわけで、加工されていない完璧な本人である必要はありません。多少の加工は相手も了解しています。加工をしてできるだけ顔写真からの印象をよくしましょう。

 

これがラブサーチでモテる最大の方法です。

 

身も蓋もないことですが、メール技術を磨いても最終的に会うかどうかを決めるのはその人の容姿が大きいです。容姿だけでもダメですが、容姿は必要なものです。

 

容姿に自信がないという人は肌を中心に加工してみてください。肌につやが出て綺麗な感じになればどんな人でもそれなりの感じが出ます。イケメンでなくてもいいのです。

 

「会ってもいいな」、と思わせるような顔を作ってみましょう。